ページトップへ

電気・ガス・水道に関する手続き

電気・ガス・水道に関する手続き

電気、ガス、水道は引越しをする直前まで使用し、引越しした直後から必要になるものです。
事前に各事業者に連絡のうえ、使用停止(または中止)手続きと使用開始手続きをすませて、スムースに利用できるようにしましょう。

電気に関する手続き

電力会社への連絡は、領収書や検針票に記されているインターネットのサイトにアクセスする方法と、受付窓口に直接電話をする方法があります。
そこで引越しする旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪して、直前までの使用量をメーターで確認のうえ精算することになります。 (設備の状況によって、担当者が来訪しない場合もあります。)
電力会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておきましょう。

水道に関する手続き

水道も電気同様、領収書や検針票に記されている水道事業者の受付窓口に電話で連絡をします。
そこで引越しする旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪して、直前までの使用量をメーターで確認のうえ精算することになります。
水道事業者への連絡は1週間前にはすませておきましょう。

新たな引越し先では、家屋の周囲にある水道のメーターボックスを確認しましょう。そのなかにある水止め栓を左に回せば水道が使用できるようになります。
「水道使用開始申込書」というものが備えられているので、これに記入のうえポストに投函するのを忘れずに。

まれに「水道使用開始申込書」が用意されていなかったり、水止め栓をひねっても水が出なかったりすることもあるようなので、そんなときは水道事業者へ連絡を。
水道の場合は自治体によって方法が手続きが異なるので、不明点があった場合は水道事業者へ問い合わせてみてください。

ガスに関する手続き

ガスも電気同様、領収書や検針票に記されているガス会社の受付窓口に電話で連絡をします。
そこで引越しの旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪して、直前までの使用量をメーターで確認のうえ精算することになります。
ガス会社によってはインターネットでも手続きが可能な場合もあります。ガス会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておきましょう。

新たな引越し先では、電気や水道とは異なりガス会社の担当者が直接訪れて、立ち会いのもとに開栓および安全を確認します。
つまりガスの場合は、連絡の不備があるとすぐにガスを使えないということもありえるわけです。事前に引越し日をしっかり指定しておきましょう。